人工歯を作る

歯が痛い日本人女性

インプラント治療は、歯の根っこから作る人工歯です。 歯根を作ってしまうことで安定性が得られ、自分の天然歯と同じ機能効果を得ることが期待できます。例えば噛み心地に優れているので硬いものでも噛み砕くことでき、食いしばりもできるため本来の力を発揮することができるでしょう。さらに歯が浮くこともないですし、見た目がいいのでそれが人工歯だと知られる可能性はありません。 人工歯根を作るということは、それなりの治療が必要になり手術を要することにもなりますが、それでも治療効果は高いので多くの方がインプラントを選択しているようです。ただ気になるのは価格でしょう。 インプラントは自由診療なので医療機関ごとに価格はことなりますが、相場としてはインプラント1本で約30万円とされています。

1本の治療価格で30万円はなかなか高額ですので躊躇してしまう人も少なくはありません。そこで、この費用をいくらかでも安くする方法として医療費控除が存在します。 医療費控除とは、一家庭における1年間の医療費総額が10万円を超えた場合に家長の所得に応じて一部の税金が免除されるというシステムです。一時的には医療費を全額負担して支払わなくてはなりませんが、後で税金免除という形で還付されるため、結果としては医療費を削減できます。 インプラント価格が1本で約30万円ということは、その治療だけで医療費控除の対象になるということです。控除を受けるには確定申告が必要ですので、忘れずに行い、きちんと制度を活用しましょう。